Mar 30, 2011

フィンランドの日本人ママさん達の活躍

昨日の「液状ミルクを日本に送ろう」の記事のコメントにも頂きましたが、フィンランド在住の日本人ママさん達の尽力により、既にフィンランド製の液状ミルクが被災地(宮城・石巻)に届いています。

『ツイッターが運んだミルク フィンランドから被災乳児支援』(MSN産経ニュース)

フィンエアー(フィンランド航空)も、この呼びかけに全面支援。無償でミルクを搭載してくれたそうです。

フィンエアー、被災地の赤ちゃんに「パック入りミルク」を無償空輸』(News - Finnair)

単純にミルクを被災地に送ると言っても、その過程には色々なプロセスが必要なんですね。まずは資金の確保、そして手続き事(通関等)、パッケージの翻訳(送ったところで使い方が分からないと困りますもんね)・・・そして大事なのはもちろん輸送手段の確保。飛行機だけ確保したってダメなのです。特に、現状において日本に着いてからの陸路をどう確保するかが今の課題かもしれません。

ご本人たちサイドからの詳しい経緯は、このプロジェクト"Tutteli to Japan"(←Tutteliはこのミルクの商品名)を立ち上げたグループの一人である「ぷっら」さんのブログに書かれています。

TERVE !! 「ぷっら」さんブログ

山積みになった困難を一つ一つクリアして、目標を成し遂げる・・・あまりに気の遠くなるようなプロジェクトですが、これを成し遂げたフィンランドのママさん達。心から賞賛を送ります。

そしてそれに賛同した全ての方々。一人一人の力があって、ようやく届いたのですね。

このプロジェクトの特筆すべきは、ネットワークの力を非常に上手く使っているところ。Twitterもこのために立ち上げたそうなのですが、これにより、政治家の方々から被災地で活動するNPOの方々まで、日本国内から大きな支援を得ることが可能になりました。既に小池百合子議員、京野きみこ議員がご協力くださっているそうです。そして、フィンランドの大統領にもツイートしたそうですよ!

Tutteli To Japan (@TuttelitoJapan) のTwitter

やっぱり、Twitterは使いよう!

私も、これを機に、始めてみることにしました・・・遅ればせながら。使いこなせるかな・・・?

ただ、今回届いたパックは2000個。そしてミルクを必要とする赤ちゃんたちのいる被災地は石巻の他にもまだまだあるはず。

フィンランドからも、もちろんこれで終わりではなく、第2弾もすでに考えられているそうですが、フィンランド以外からの国からも、そう、北米からも!やっぱり早急にミルクを届けることは出来ないだろうかと今日はそればかり考えていました。

企業を動かすことが出来れば大きな力にはなるけど、それには時間がかかるし、それに署名が集まったからと言って動いてくれると言う保証もない。

やっぱり草の根作戦の力が今は必要なのかな?


ただ、嬉しいことに、昨日紹介した署名は、あれから一日でなんと目標を達成!現在、6,356もの署名が集まっています。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございます。


******************************

画像は製品サイト(Nutricia社)より
フィンランドの液状ミルクは紙パック入りなんですね~。しかもパッケージもとても可愛らしい。やっぱり北欧らしいな~。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

2 comments:

Ms. MacSaito said...

オレンジさん、すごい、海外にいても行動力があればこんな支援ができるってことですね。これ、すごい。カナダからも何かしたいもんですね。。。。。こちらも4月8日以降時間ができるので、何かしましょっか?

orange said...

>MacSaitoさん

機動力がものを言いますね~。すごいです。拍手です。

カナダからも何か・・・したいですよね?次のポストを参照ください!