Apr 6, 2011

チャリティーウォークに参加してきました

このところ更新滞っています。

最近、色々な用事に追われているのに加えて、時差ぼけが直ったかと思いきや、ムスコの睡眠パターンが・・・んー?パターンと言うより睡眠そのものが不安定になっちゃいました。

夜は9時-10時頃寝てくれるものの、その後ほぼ1-2時間置きに目を覚まして泣きます。それがここのところ続いていて私も寝た気がしない・・・

どうしたんだろう?夜のグズリはずっとteethingのせいかと思ってましたが、まだ、歯が生えてくる気配はありません。うーん。何でだろう?

私も昼間フラフラですが、ムスコはそれでもあんまりお昼寝をしないので、ちゃんと睡眠足りてるんだろうか?いや足りてないよなー、と心配です。が、そんな心配をよそに本人は元気一杯!しかもずりばいで前進出来るようになったので、あちこち這い回って目が離せません!目標物を目がけて匍匐前進でどんどん突進する様は、さながらちっさいコマンドーのよう!(笑)

******************************

さてさてさて。日曜日のお話です。

予定では、Van Dusen Botanical Gardenでこの週末行われていたJapan Fairに行き、焼きそばやたこ焼きを満喫する予定でしたが、家庭の事情(苦笑)により残念ながらこれはパス。

後は予定通り、ダウンタウンで行われた、日本の震災へのチャリティイベント、Vancouver Japan Relief Walk of Hopeに参加してきました。我が家3人(1人はストローラーで参加だけど)に、友人Fちゃんをお誘いして。

参加者は赤と白の服(日本とカナダの国旗の色)を着てサイエンスワールド前に集合。そこからダウンタウン内を練り歩く5.5kmのウォークに出発しました。

コースはサイエンスワールド→ GMプレイス~カジノ → Davie St. → Denman St. → Robson St. でゴールはVancouver Public Libraryまでの5.5km。



集合場所に着くと、サイエンスワールドの駐車場には、赤や白の集団が既にできていました。(手前の人たちは取材しに着ていたニュースのクルー、だと思う。)


目立っていたのはこちらのグループ。

CBCなど(CTVもいたらしい)のカメラクルーが参加者にインタビューしている光景も見られました。

少しずつ集団を分けて順次スタートします。

私たち、のんびりしていたので、かなーり最後のほうでスタート。この集団は家族連れ、私たちのようなストローラー組みが多かったかも。というわけで、歩くペースもゆったり。

各自が赤や白の風船を手にして歩きます。ストローラーも風船仕様にしてみました。

あまりやる気の感じられないムスコ

途中途中の写真は、セミプロ?のカメラマンさんたちが撮ったこちらのフリッカーの写真をどうぞ。(なお、私たちは登場しておりません。)



しかし、5.5km。走るんじゃないし、歩くぐらいなら、私も12kmのトレイルとか行った事あるし・・・と高をくくっていたら、甘かった。最後は足が棒のように疲れて、翌日は歩き方がヘンになってました。トレッキングと違って、ずっと硬いアスファルトを歩き続けるのはやっぱり足に堪えるのかも・・・あと、ストローラーをずっと押し続けるのも、なんだか足の違うところに力が入ってしまうみたいで、私も相方も足の付け根が痛くなってしまいました。


ムスコは途中からほぼずっとお休みになっていました。zzz

この日はずっと曇り空で気温も低く、ここのところのお天気続きから一転して冬のように寒い日でした。そしてゴールしてからポツポツ・・・やがて本格的に雨になりました。どうにか持ちこたえてくれて良かった。

のんびり歩いていった最後尾グループがゴールした頃には、既に他の参加者たちは解散してしまっていて、なんともそっけないフィニッシュでありました(笑)

それでも、なにかしたという達成感と、家族で参加できるイベントって良いね、と言い合いながら、雨宿りがてら近くのファミレスに飛び込んだのでありました。

こういう週末も、ありだと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: