Apr 20, 2011

ロンドン日本人ママさんのプロジェクト

以前フィンランドママさんの「液状ミルクを日本に送ろう」プロジェクトをご紹介しましたが、また海外発の素晴らしいプロジェクトを紹介します。

英国発 - モスリンスクエアプロジェクト

詳しくは、プロジェクトについて分かりやすく説明されたこちらのリンク先(↑)を読んでいただきたいのですが、簡単にご紹介すると、・・・

モスリンスクエアとは、イギリス発祥のコットンの平織りの正方形の布で、イギリスでは古くから乳幼児の子育て必須用具とされているそうです。日本で赤ちゃんのお世話の必須アイテムの一つといえばガーゼハンカチですが、それよりかなり大きいモスリンスクエアは、使い方次第で幾通りもの用途に使うことができます。吸湿性や保温性にも優れているそうです。

このモスリンスクエアを日本の被災地のお母さんに送ろうというこのプロジェクトは、ロンドン在住の日本人ピアニスト・松本さやかさんが発起人となって立ち上がりました。

さやかさんのブログウェブサイトを見ていただければ彼女がどんなにすごい経歴をお持ちの方かということが分かりますが、3ヶ月の男の子のママでもあるさやかさん、子育て中のある時ふと目に留まったのが、いつも身近にあるモスリンスクエアだったそうです。

フィンランドのミルクプロジェクトを見て、感銘したことが動き出すきっかけとなったとご本人はおっしゃっていますが、それにしても、思いついてから、仕入先に交渉したり、日本での受け入れ先を助産院を介して探されたり、と素早く的確に動かれ、とても迅速にプロジェクトを立ち上げられたことが分かります。しかも、ここまではほぼお一人でされている。子育てをしながらのこの行動力には、本当に頭が下がります。(私なんて日頃の家事すらままならないときが・・・)

本当に心ばかりの額ですが、私もPayPalを通じて募金させていただいたところ(もちろんカナダからでもokです)、さやかさんから早速丁寧なお礼のメールを頂きました。

フィンランドのプロジェクトもそうですが、個人ベース(あるいはグループとはいっても法人ではない)の活動の場合、寄付する側からすると信頼してお金を預けてしまうことに不安が生じたりするものですが(寄付を責任持って支援に変えてくださるかどうかは、信頼に頼るしかありません)、このようにとても分かりやすく、そして見える形で活動してくださることで、気持ちよく応援したいと思えます。

募金の方法はプロジェクトのページに分かりやすく載っていますのでどうぞご参照ください。PayPalを使ったことがなくてもクレジットカードさえあれば大丈夫です。


************************

日本からは、原発事故の影響で母乳から微量の放射性物質が検出されたという、またまたお母さんたちを不安にさせるニュースも報道されています。

そんな中、フィンランドのチームはその後も着々と液状ミルクを被災地に送り続け、そして、ヨーロッパのとある企業の会長さん(?)からの寄付により、なんと約7万パックのミルクがまもなく日本に届くのだそうです。

そして、以前ご紹介したアメリカでの署名活動は、その後、8千人を越える署名を集めましたが、ミルク会社からの無償提供という当初の目標は断念せざるを得ませんでした。そして現在は形を変えましたが、募金を募った上でミルクを購入し、被災地へ届ける体制をほぼ整えつつあるとのことです。

詳細は追ってご紹介します。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

No comments: