Sep 25, 2011

ムスコ、13ヶ月

なんか、秋ですね、すっかり。
わわわ、半月近くも間が空いてしまいました・・・。

あっという間に9月も下旬、秋の足音もひたひた・・・というか、一気に冷え込み、そして雨続きの日々。来ましたね・・・はぁ~。あああ、また春まで長いなぁ~(おいおい・・・でも本音。)

さて、ムスコはといえば毎日元気に過ごしています。日々、私たちとのコミュニケーションのとり方も進化していて、成長を感じます。

では今月のムスコ、いってみよ!

・・・の前に、先月触れていた12ヶ月の予防接種について。

BC州で12ヶ月時に接種がスケジュールされているのは、こちらの4種類のワクチン。
★Pneumococcal conjugate (肺炎球菌ワクチン:小児用)
★Meningococcal conjugate C (C群髄膜炎菌ワクチン)
★MMR (Measles=麻疹, Mumps=流行性耳下腺炎, Rubella=風疹 の混合ワクチン。日本で言う新三種混合 ←※現在実施されていない)
★Varicella(水痘、水ぼうそう。Chickenpoxの通称が一般的。)

これら4つ、別々の注射になるので、計4本。ひー、大変だなぁ~。大人でもきっついよ、と思っていたら・・・

まず、ムスコの1歳の誕生日頃に予約を入れようとしたら、かかりつけのファミリードクターは「夏休み」と言われ・・・半月ぐらい遅れて予約。

そしてクリニックを訪れると、Dr.が「うーん、一気に行くのは大変だから、2回に分けましょう」と。というわけで、その日はリストの上から2本のみを実施。

そして1週間ちょい空けて2回目に訪れると、Dr.が「うーん、Chickenpoxは今は国内ではほぼ感染はないし、赤ちゃんの体力的にはもう少し着いてからの方がいいから、いずれまたにしましょう。」・・・というわけで、その日はMMRのみ実施。

というわけで、予定より1ヶ月近くかかって、しかも未完了、となっています。。。そんなんでいいの~?ただ、Dr.のいうところによれば、Chickenpoxは昔はもっと遅くにスケジュールされていたのに、州の方針変更(簡素化?)で12ヶ月時にまとめられてしまったのだけど、Dr.個人としては少なくとも15ヶ月ぐらいになってからのほうが良いんじゃないかということ。そういう訳で、15ヶ月過ぎてから(次のスケジュールが来る18ヶ月までの間に)、またアポとって行ってくることにします。手間はかかるけど、ムスコ本人にとっては、感染の恐れさえなければ少しずつやったほうが楽なんじゃないかとも思うし。あ、でも回数が増えるのは嫌かな?毎回もちろん大泣きだしね~。


☆最近のムスコ

・まだ一人立ちが怖いらしい。立ったまま手をパチパチしてしまって、うっかり一人立ちしてることはあるけど(笑)。よって一人歩きもまだ。だけど両手を持っててあげると、ずいぶん早く、ほぼ小走りで進むようになった。自分の行きたい方向に、私(か相方)を引っ張っていく感じで、どんどん突進!その手さえ離せば、しっかり歩けると思うんだけどねぇ。まぁでも、焦る必要もないか、と。

・ここ1ヶ月で言える様になった言葉が出てきた!ママ(マンマ~)、とダディ(ダッダ)の他に、「ワンワン」と「ニャンニャン」(共にぬいぐるみに対して)、「ねんね」(これはベッドタイムに私が声をかけるのを真似する。ただし、これを言ったからって本人が寝る気配はなし!苦笑)。あと何故か、「ベイビ~~~」を連発するのが最近のブーム(これまた何故か「ベイビ~?」と疑問形にも。)・・・てか、ベイビーはあんたじゃ。

・叫び癖がひどくなってしまったのには私も相方も頭を悩ませる毎日。「No!」(相方)と「ダメ!」(私)は理解しているみたいなんだけど、私たちの反応をこれまた楽しんでいるところもあるみたいで・・・。とにかく、外で(特にレストランなんかで)、飽きてくると耳をつんざく様な叫びを連発してしまうのが困っているのだけど、これを止めるいい方法はないものか。口に何か入れているとき以外で・・・。

・寝かしつけはなんとか軌道を戻し中。私がクリブの中に入らなくても(!←一時期は入らないとダメになってた・・・汗)、寝てくれるようにはなった。ただ、寝付くまではクリブのそばを離れられないけど。これは、Separation Anxietyとも連動してるから(私か相方のどちらかがそばに居ないと不安で泣いてしまう)、ある程度時間がかかるのか・・・?

★ベイビーサインとコミュニケーション
実は6ヶ月頃から、なんとなーくベイビーサインを教えてみていました。が、全然使う気配がなかったので、ホントにゆる~~くやってたのですが。ここにきて、もう一度、ちゃんとコミュニケーションに取り入れてみようと思い、図書館で本も借りてきて(笑)、教え始めました。

借りてきた本は英語の、アメリカの手話のサイン(American Sign Language)を基にしたベビーサイン本ですが、日本で使われているものもほぼ共通と思います。つまり、サイン自体はユニバーサルなので、ムスコがサインを覚えてくれさえすれば、私と相方もその意味を覚えるだけで、ムスコと「会話」が出来るわけです。

言葉を出し始めたら、家での会話は基本、私とは日本語、相方とは英語になるわけなので、その使いわけが必要になりますが、それまでの間、これがコミュニケーションの助けになってくれるといいなと思っています。とはいえ、やっぱりゆるーくやってますが。

そして・・・ムスコが始めてちゃんと出したサインは、しかしというかやはりというか、「おっぱい」(笑)

これは実は最初から教えていたサインだったんですが、なんせ、1歳過ぎた今でも常に「おっぱい、おっぱい」なムスコだし、さらにこちらから出す間もなく食いつくムスコなのでサイン出してる暇がなかったり・・・(苦笑)で、いつしか教えなくなっていました。

が、今回また教えてみたらすんなりマスター。「おおっ!やればできるんじゃん!」と思いました。が・・・

なんか違う・・・。本当はこれ、おっぱいの位置で手をグーパーするんですが、ムスコ、なぜかいつも両手を上に上げてユーレイみたいにグーパー(笑)。これはまぁいいとして問題はタイミング。

ムスコがこれを出す時は、クリブの中とかプレイペンの中とかから「出して欲しい」時。つまり、「抱き上げて」と言ってるみたいなんです。

よく考えたら、おっぱいをあげる時はまず抱き上げるし、そしたらムスコは勝手におっぱい引っ張り出して(!)飲むもんなぁ。。。(あくまでも家の中での話です。外でやられたら怖いんで、最近、外出時はもっぱら襟首の詰まった服着用です・・・。)だから、ムスコにとっては、おっぱいのサインが「抱き上げて」に転用して解釈されちゃった、と考えても不思議はないかも。

さらに後日、プレイジムに連れて行って遊具から降りられなくなった時(もちろんすぐそばで見てましたが)もこのサイン出してました。「助けて~」に近い意味になってるかも。・・・でもまぁ良いです。ムスコにとってコミュニケーションの助けとなっているのなら。・・・と考えることにします。

あとは、ブーブー(車)のサインとか、「食べる」とか「飲む」とかのサインも教えてはいるんですが、本人も自分から使うタイミングがわからないのか、まだ見せてくれたことはありません。

気長にやるしかないですかね。

ではまた来月!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Sep 13, 2011

とうとう買った!アウトドア用ベビーキャリア

今から3週間ほど前のこと。(って書くの遅すぎ・・・この記事ずっと下書きに入ってました・・・)

Capilano MallにあるBaby&Kids用品店 Active Baby (私の過去記事では「チェンさんの店」として何度か登場)に久しぶりにプラッと行ったところ・・・

デカイ衝動買いをしてしまった(汗)

この店はねー、私やばいんですー。行くと見るもの見るものつい欲しくなってしまう・・・
で、でもね、衝動買いって言っても前から欲しいなーって思ってたものなので・・・(ツライ言い訳)

買ったものはこちら。

(画像はDeuter社商品ページより)

トレッキングの時に、ムスコを背負うためのバックパック(ベビーキャリア)です。

普段の近所の散歩ならストローラーで十分だし、舗装されてるトレイル(ロンズデールキー近くの)なら、やっぱりストローラーがあればok。だけど、近所には舗装されてないトレイルもわんさかある。

さすがにムスコも10kg近くになり、Baby Bjornもそろそろアウト・・・だし、それでトレッキングだなんてとうにムリな話(10分で背中痛くなるし)。以前はそれでも近所トレイルの散歩ぐらいはしてたんだけどね。

でも、近所にはまだ行ってないトレイルがたーくさんあるのに、行かないなんてもったいない!何とかムスコを連れていけないかなぁ・・・と思ったらやっぱりこれに行き着く。

しかし、まぁ結構大きなものなので(サイズも、お値段も)、どうしようかなぁ。。。と夏の終わりまで来てしまったのだけど、お店でちょっと「試着だけ♪」とやってみたら、これが予想以上に軽い!でも作りはしっかりしていそう。

そしてそのついでにムスコも乗せて「試乗」してみたところ、本人もご機嫌なご様子。うん、悪くなさそう・・・

そして、店員さん(この日はチェンさんじゃなかった)による、「今日と明日は15%offよ♪」の言葉に心揺り動かされて(笑)・・・まんまとご購入にいたったのでした。まぁ、実はちょっとした臨時収入があったりもしたからなんだけど。

何せ衝動買いのため(汗)、ベビーキャリアについて下調べを全くしてなかったのですが(私大きい買い物なら普通はしますが、たまにこういうこともある)、このDeuterというメーカーはそもそも登山用バックパックの専門のメーカーだそうで、どおりで背負い心地がとてもいい!もう一つだけ他のメーカーの製品と背負い比べましたが、重さはさほど変わらなかったけど背負い心地がかなり違いました。最初は、お値段も重さも軽いものだったら、何でもいいかなー、と思っていたのですが、やっぱり、比べてみるとぜんぜん違う。その2つはお値段(元値)に$30ほどの開きがあったのですが、迷わずこちらを選びました。

Deuter Kid Confort I (I ~ IIIまであるシリーズの中では、一番軽量・リーズナブルなタイプ)

耐荷重量は22kg。これは、本体の重量(約2.5kg)と、中に入れた荷物、そして子供の体重を全部含めた重量とのこと。子供自体の体重は18kgぐらいまでになるみたいです。ということは、まぁ平均的な体格の男の子なら5歳近くぐらいまではいけるということ。(背負う親の体力がそこまで持つかという問題はおいといて。)



さてさて、後日。本格的に使う前にテストラン!ということで、近所のMaplewood Mudflats(Bird Sanctuary)に散歩がてら行ってきました。背負うのは、相方(笑)


颯爽と?歩く相方

ベビーキャリアがかなり大きく見えるのは多分モデルの相方がガリガリ君だからかも・・・アウトドア系の格好が、こんなに似合わないカナディアンも珍しい。

ま、それはともかく、乗っているムスコの方は終始ご機嫌でいらっしゃいました。

何故かあんよがピヨーン、なムスコ

何故か相方の頭を突っつくムスコ

サイドポケットにはこの通り、キリンのソフィーちゃんも入ります(笑)

このようなベビーキャリア、モノによっては背負われるほうは後ろ向きになるものもあると思うけど、こちらのように前を向いてるとやっぱり乗ってるほうも動く景色が進行方向に見られて良いんじゃないかな?という気がします。

また、私が交代で背負う時には重心をサッと調節できるように、背中側に、何段階も調節できてマジックベルトでサッと留められるベルト止めがついています。こういう機能面もポイント高し。

と、いうわけで、衝動買いの満足度は、背負うほうも背負われるほうも、マル!

余談ですが、ムスコがしている(というか帽子の留め具になっている)サングラスも、チェンさんの店にて一緒に衝動買いしたもの。(といってもかなりお安くなってはいましたが。)2歳以上用で、まだ少し大きいんですがこのように帽子バンド(笑)にもなるし、かけさせてもこれなら簡単には落とさない・・・だろうと思います。


・・・で、いつ本格デビューするのかというと・・・早くしないともう秋が来てるんだから~!

というわけで近日中に、請う、ご期待。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Sep 11, 2011

Kienan君、戻る

10年目の9.11を迎え、厳粛な式典を伝える今日のニュースですが、その前にとてもハッピーなニュースがトップを飾りました。

4日前に連れ去られ、捜索されていた3歳のKienan君が、昨夜無事に家族の元に戻りました!

誘拐事件がこのような結末を迎えるのはおそらく本当に珍しいことで、何はともあれ、とにかく、ご家族の皆さんと同じように、心から安堵しました。前回のポストに、このようなハッピーな続きを書くことができて私もとても嬉しいです。

事件自体はもっとも、依然として、そしてさらにミステリアスになりました。

昨夜の3時ごろ、誰もいない家に(Kienan君の家族全員、近所の友人宅にいたとのこと)、突如、Kienan君は戻っていたのです。

その頃犯人と思われる男から911に通報があり、警察が家に駆けつけたところ、連れ去られた時に一緒に持ち去られた3枚のブランケットに包まりカウチに座っていたKienan君を発見したとのこと。

昨日、Kienan君のお父さんがTVで、「どうか、ただ息子を無事に返して欲しい、どうか黙って、どこか人目につくガソリンスタンドや駐車場などに置いていって欲しい」と、犯人に向けて涙ながらに呼びかけていたのですが、これを見ていたのでしょうか・・・

しかし、AMBER Alertも延長を重ね、これだけの警戒態勢が敷かれている中、犯人はどうやって元の現場に近づくことが出来たのか?謎は多々あります。

警察は依然として犯人とされる男、Randall Hopleyの行方を追っています。



今日の昼間に早速元気に他の兄弟たちと遊ぶKienan君の姿がニュースでは伝えられていました。

Missing boy found: Kienan Hebert returned to family in Sparwood
↑Vancouver Sun誌のニュース記事

とにかく、本当に、無事で良かった!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Sep 7, 2011

AMBER Alert とは

カナダに住んでもうすぐ5年、まだまだ知らないことがあります。

今日の夕方、近くを運転中に対向車線のバスとすれ違った際、行き先表示にこのようなメッセージが表示されていました。

"AMBER ALERT / LISTEN TO RADIO"
運転中だったので正確には記憶できなかったけどこんな感じ。後でちゃんと見たので訂正しました。バスの行き先表示では全部は表示できないので、この2つのメッセージを交互に表示。)

一体何のalertだろうと思いつつ(一応ラジオもつけてみたけど、音楽専門局のFMだったので何も情報らしいものは流れず・・・)、とりあえずそのまま帰りましたが・・・謎は帰宅後の夜に解けました。

AMBER Alertとは、主にアメリカ・カナダで運用されている、児童(未成年者)誘拐・行方不明事件が発生した際に発令される緊急事態宣言で、その情報を速やかに拡散することにより、事件の早期解決を促すものなのだそうです。
(⇒日本語版のWikipediaの記事

今回のアンバーアラートの詳細はこちらです(下記リンク:写真付)↓
PLEASE SHARE - AMBER ALERT ISSUED FOR 3 YEAR OLD KIENAN

9月7日、アルバータ州との州境に程近いBC州のSparwoodという町で、3歳のKienan君という男の子が自宅から連れ去られました。
過去に数多くの犯罪歴のある46歳の男が関わっている可能性が高いとして、同時に指名手配されています。
男は1987年式トヨタ・カムリ(色はブラウン)を運転していると思われます。

追記:9/9現在、アラートは継続中で、金曜日の夜まで続くとのこと。早くKienan君が発見されると良いです・・・



AMBER Alertの名の由来は、一説によるとアメリカで1996年に誘拐された後に殺害されたAmberちゃんという少女の名にちなんでいるのだそうです。誘拐された子や犯人の特徴を早く地域に拡散することで、このような事件が最悪の結末にならないよう、地域の一般の人の協力を得るために確立されたシステムであるとのこと。

リンクしたRCMPのページはFacebookやTwitterや他ブログ等に連携可能で、このように一般の人もメディアで情報を拡散できるようになった今、大きな成果が得られると思います。

何よりKienan君が無事に発見され、事件が早期に解決されることを祈っています。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Sep 2, 2011

8月の「ムスコ」

今回もまた月が替わってしまった・・・(汗)のでまたまたバックデートにてアップしました。

「ムスコ、12ヶ月」
こちらです。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ