Sep 12, 2012

夏の思ひで ~PNE攻略法~

いつの間にやら9月。
現在気温(夜の12時半)、12℃。このまま10℃を切るのも時間の問題・・・。




はい。夏、終了~。ちーん。。





さて、そんな中で今さら感ありありの話題を記録として。8月後半のことです。

バンクーバー、夏の終わりの風物詩と言えばPNE。Pacific National Exhibitionの略で・・・とか詳しいことは以前行った時のポストに書いています。ってそれ、もう3年前だったー。ムスコが生まれる前だもんね。それ以来行ってなかった。去年はFairの時期でない時にPlayland(遊園地)だけちょこっとムスコ連れて行ってきましたが。

で、今年はというと、これがアホみたいに行きまくった。計7回!

Fairが始まってすぐの頃、ちょっとだけのつもりで夕方ムスコを連れてフラッと行ってみた(我が家からは車で10分)。そしたら、会場内にあるファームで遊ぶ(遊ばせる?)のが思いの外楽しくて。子供向けにファーム体験ができるコーナーがあるんだけど(動物や野菜を収穫する体験。もちろん作り物だけど)、ムスコも、分かってるのか分かってないのか謎ながらも何だかとても楽しかったようで。そして私はといえば、そこにたーくさんいる色々な動物の赤ちゃんたちがもう可愛くてノックアウト!

乳搾り体験(乳はハリボテです)

卵を拾い集めている・・・と思いきや、カゴの隙間からポトンポトン落としていた人

トラクターはクボタ製

実はまだちょっとムスコにはフェアは早いかなと思っていたんだけど、意外なほど本人が楽しんでいたことで(動物見るのも好きだし)、私もなんだか楽しくなってきてしまった。

あとは、その時は見なかったドッグショーやアクロバット(上海雑技団的な)のショー系なんかも、見てみたいなーというのもあり・・・リピート決定。

その次からはシーズンパスを購入して入場し放題。ちなみにシーズンパスのお値段は$53。入場料は単体だと$20で、オンライン購入すると$15。とすると、オンライン料金としても、4回行けばパスの値段の元が取れる。最初に行った時に買ってなかったのが悔やまれるけど、それからは期間中2~3日に1度ぐらいのペースで通った!(一回の滞在時間が1時間という日もあったけど。)

ただ、通うにあたって問題なのは駐車。公式の(会場隣接の)駐車場、料金はなんと$20!時間制限はないみたいだけど、毎回毎回こんな払ってられない・・・。あの辺、周りは住宅地だけど、この期間は路駐制限されてるとこも多く(住民以外禁止となってる)、かなり限られた路駐スペースをめぐって争いが繰り広げられている。そして、名物?が、周辺住民のおじさんおばさん達(9割方中国系)が、「$10でどうだ~!」と言いながらポン引き?(自分の家の敷地に停めさせる)合戦をしている光景。路上に椅子を置いて、一日中張ってる。しかし怖くてなんだか近づきたくない・・・近づかないようにしてるのにおばあちゃんが走らせてる車を追っかけてきたこともあったし。(健脚だね・・・てか危ないよっ!)路駐のチャンスは、開場前か、夕方(家族連れが帰る時間)かもしれません。

では、Park&Rideにしてバスで行こう・・・と一度試みたこともあったんだけど(期間中はPNE行きのスペシャルバスが運行されている)、よく考えたらノース側からPNEまで行くと2ゾーンになる。たった1停留所分の距離なのに(Phibbs Exchangeからダウンタウン行きのバスの最初のストップはPNEのあるPacific Coliseumの裏)、片道$3.75。往復だと$7.50。これだとポン引きのおばちゃんとこに停めるのと大差ない・・・(停めないけど)。

結局、その後は毎回気力で路駐を勝ち取ってました。Renfrew側よりも、Hastingsを挟んだ向かい側のほうがチャンスはあった。まぁ会場からはかなり歩くことになったけど、それも運動だと思えば。

あと、コストがかさむのは会場内の食べ物。ホントーに、バカ高い。多種多様な屋台フードは魅力的ではあるけど、所詮は屋台フード。毎回$15近くも使えない。もちろんそこはお弁当持参で。ただ、大好きなミニドーナツの誘惑には勝てなかったことのほうが多かったけど・・・(1ダース$3。)あとRibFest(ポークリブの屋台が沢山並んで競っているイベント)だけは2度試した。余ったPulled Porkはもちろん持ち帰って次の日のサンドイッチに。

それでも、だいぶ散財したなぁ。。。

でも、毎回欠かさず通ったファームの動物たちには癒された♪ほぼ全ての動物たちが、母子セットになっていてねー。思わず優しい~気持ちになってしまうのでした。どこの母ちゃんも、頑張ってるねー。

固まって眠りこけるアヒルのヒナ

わらの隙間に穴を作って隠れる子ウサギたち。
「ママがここに隠れてなさいって~」

飼育係のお姉さんの手の中で眠りこける子ウサギ(激萌え~)

相方の腕にスリスリ・・・そして舐めまわした子牛

ずらり並ぶ牛・・・のお尻。


特にお気に入りだったのは・・・これね、アルパカさんたち。

私・・・こういう者です。

おそらく母子なんだけど、大きさはそんなに変わらなかった。しかしなんといっても、このヘアスタイルがナイス過ぎます。他の部分は全部短く刈られてるんだけど、頭のてっぺんだけオカッパに残されてる。農場主のセンスを感じます。見る人見る人、みんな吹き出してたもん。しかもこのアルパカさん達、実にのんびりしていて、大抵、置物のように微動だにしてない。始め、ホントに置物かと思ったもん。もう見るだけで癒されるので毎回見に行ってた。

ムスコはこの御方たちを「パカちゃん」と呼んでいて、今でも毎日毎日「パカちゃーん!」と叫ぶ。彼も相当気に入っていた。そして、私も・・・。Fairが終わるとき、もう会えないと思うとホントに悲しかった~(涙)。

だから我が家今、パカちゃんたちに会いに島(ガルフアイランズのどこか。アルパカ農場が多い)に行ってしまおうかと考えてる。いや、結構本気で。。。

後はムスコと同じ誕生日(といっても向こうは今年生まれ)の子牛のサミュエル君もお友達でした(勝手に)。


こちらは相方も一緒に夕方に行った日の写真。(この日以外はすべて私一人でムスコ連れてった。)

リブフェストのポークリブ。後で気づいたのだけどソースを掛け忘れられてて味があんまりしなかった・・・。持ち帰って市販のBBQソースかけたら美味しくなった(苦笑)

リブを食べながら見たのはこちらの迫力!のモーターショー。バイクだけじゃなくて4輪や、スノーモービルまで飛んでた!


その他。

意外に活用したのがAgrodome。ここでは大抵、馬のコンテストをやっていたんだけど、使用目的は食事。外ではスペースがなかなか見つからないこともあったのだけど、ここに来てお馬さんを見ながら客席でお弁当を食べる。なかなかに、のどかで良かったです。(食べ物の匂いが気になるなら、隅っこの誰もいないエリアに行けば大丈夫!)


今年は、3年前と違ってRCMPのMusical Rideがなかったのが非常に残念だった。(その模様は再びこちら。)あれは、また見たい。来年は来るかしらー?

あとは、お子様と一緒では入ることのできないビアガーデンも心残り。実は、ムスコを寝かしつけた後にお友達と来ようと試みたこともあったんだけど、ムスコがその日全然寝付かず、断念・・・(その後別のとこに飲みに行ったけど)。ちなみに夜9時以降は入場料が$5になるので、オトナのPNEを満喫するいいチャンスです。懐かしロックライブ演奏付きのビアホールもあるし、カジノもある。Star Trek展なんかも、好きなら楽しめるかも・・・?


パスを買ってから4回(通算5回目)を達成して無事元を取り、最後に行った(7回目)のがFair終了(Labour Day)の前日の夕方。・・・会場内は身動きも取れないほど混んでいました。こんな日に限って持ってくるはずの夕食を家に忘れて来て調達するも、30分並んで(普段は全然並びもしない店)、しかも注文した品を間違えて他の人に持っていかれる始末。。。この日は散々でした。


こんなに人が・・・

というわけで、パスを買って満喫するなら、フェア期間の最初から買って最終の3連休までに行き終えてしまうこと、をお勧めします。

あ、今回は子供もまだ小さいので、Playlandの乗り物にはほぼ乗っていません。(乗ったのは電車、1回のみ。)Playland込のパスはまた別料金です。

Fairはたったの2週間ちょっとの間だけど、期間限定だからこそ、せっせと楽しもうという気にもなれるかな。来年、また動物たちに会えるのを楽しみにしたいと思います。(あ、Playlandはまだ週末にはやっていますよ。)


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ